理事長挨拶

理事長

この度、2018年1月に一般社団法人日本CISO協会の代表理事に就任いたしました。

昨今、サイバー攻撃をはじめとする数多くの情報セキュリティにまつわる問題、不祥事や不正などが世界中で急増しています。これらの脅威は、国家や企業の安全や存在そのものを脅かすほどのリスクとなっており、損害賠償、株主訴訟、株価暴落など企業経営に大きな影響を与えるなど、もはや業種や企業規模を問わず、無視できる状況ではありません。

また、世界中の注目を集める2020年東京オリンピック・パラリンピック開催まであと2年半となり、世界的なイベントに合わせて日本を標的とした様々なサイバー攻撃の増加が予想される中、日本におけるセキュリティ対策の重要性はさらに増すことが予想されます。

このような状況と企業経営を取り巻く環境の変化を受け、CISOの役割はその重要度を増しています。かつては、情報セキュリティといえば、もっぱら技術的な事ばかりが議論されていましたが、今日の情報セキュリティにおいては、People(人)、Process(プロセス)、Platform(情報システム)の3つの要素を常に視野に入れた対策と活動をProacive(能動的)計画し、実行しなくてはなりません。

CISOは単なる情報システムセキュリティの専門家には止まらず、情報セキュリティに関わる要素を企業の経営戦略に反映し、経営幹部の一員として必要な施策を実行できなくてはなりません。本協会は、海外および国内の様々なエキスパートと連携しながら、様々なイベントや活動を通じて、日本におけるCISO人材の発掘、育成、底上げを行い、単なる情報セキュリティ対策にとどまらない企業の経営レベル向上に貢献してまいります。

当協会の活動を多くの企業経営者やセキュリティ関係者に知って頂き、日本におけるCISO文化が根づくよう、代表としての任務を担ってまいりますので、何卒よろしくお願いいたします。

代表理事 上村 達也 (ぴあ株式会社 CISO)